pub:2015.12.3/upd:2016.7.17

ホームベーカリーで焼く! 自家製頭脳パン

少量での腹持ちの良さの追求

平日の昼食用として常食。昼食から夕食まで時間が空くと辛いが、たくさん食べると眠まるため。

味と機能の均衡点を求めて、バージョンアップを繰り返している。
ホームベーカリーで焼いてるけど、やっぱりオーブン欲しい(´・ω・`)

レシピ

v20150715

以下をホームベーカリーにぶっこむ。

  • 強力粉 120g
  • 全粒粉 70g
  • オリーブオイル 15g
  • てんさい糖 大さじ2
  • ヨーグルト 20g
  • 塩 小さじ1
  • ドライイースト 小さじ1
  • きなこ 30g
  • 水 190ml
  • くるみ おこのみで
  • 冷凍ブルーベリー おこのみで

気分でココア15gを入れてもよい。

個人的にはくるみとブルーベリーは個人的には同時には入れないことにしている。飽き防止。

材料

だいたいAmazonで買っている。

全粒粉

強力粉だけで作るより腹持ちが良くなり満腹感も出やすい。強力粉と全粒粉の腹持ちが変化させることができる。春よ来いは豊かな風味がありおすすめ。

きなこ

パンばっかりだとタンパク質が取りにくくなるため投入する。脳科学的には大豆が良いという説もある。
大袋を買うと使いきるまでの間に風味が劣化する。ある程度小分けのやつが使いやすい。

てんさい糖

胃腸をいたわって。オリゴ糖。

くるみ

少量でも歯ごたえがつき満腹感が出やすくなる。脳に良い油と言われるを多く含むとも。オメガ3、いわゆるDHA。
スーパーだとくるみは高い。Amazonでも送料がかさみがちなので大袋で買う。

ブルーベリー

アントシアニン。目にいいらしい。
砂糖漬けのものと冷凍のものがある。冷凍の方が風味が良い。生は高い。

ココア

ポリフェノール。アンチエイジングにいいらしい。安定のバンホーテン。

その他

強力粉、オリーブオイル、塩、ドライイーストは最適なものを模索中。

ヨーグルトはスーパーで買う。牛乳を飲む習慣がなく、パンづくりのために牛乳を備蓄するのがつらいためヨーグルトを使っている。明治ブルガリア。

REFERENCE

ホームベーカリーはこれの旧バージョンを使っている。

Leave a Reply

Your email address will not be published.