pub:2016.7.28/upd:2016.9.18

感情のアノテーションについてのW3C勧告

W3Cによる感情等記述の標準化の試み

W3Cは、Emotion Markup Language (EmotionML) を提供することで、感情等の記述の標準化を試みている。この試みは、人対マシンのインタラクションを設計していくにあたり、標準化されたアノテーション手法や語彙に基づくことが好ましいとの意図でに基づいている。

以下、勧告の概要をメモしておく。(自分が必要なところだけ要約しながら意訳しただけなので、詳細はREFERENCEを見てよな。)

アノテーションの対象

主に以下に類する記述をすることを本勧告のスコープとする。

  • 感情 Emotions
  • ムード Moods
  • 対人関係における態度 Interpersonal stances
  • 嗜好 Preferences/Attitudes
  • 気質 Affect dispositions

アノテーションの内容

以下の現象が感情を取り巻いて発生するものと定め、これらのシーンで活用することが想定されている。

  • 感覚 Subjective
  • 認知 Cognitive
  • 心理 Physiological
  • 行動 Behavioral
  • 表現 Expressive

アノテーションのユースケース

以下のユースケースで利用されることを想定される。

  • データアノテーション
  • 感情認知
  • 感情表現

アノテーションの記述

カテゴリーによる感情の表現

categoryエレメントを用いて記述する。
サポートされるカテゴリーの種類は以下が存在する。

  • Ekman’s “big six” basic emotions
  • Everyday emotion vocabulary
  • OCC categories
  • FSRE categories
  • Frijda’s categories

Ekman’s “big six” basic emotionsによるアノテーションの例

Ekman’s “big six” basic emotionsによってサポートされるカテゴリーには、以下が存在する。

  • 怒り anger
  • 嫌悪 disgust
  • 恐怖 fear
  • 幸福 happiness
  • 悲しみ sadness
  • 驚き surprise
<emotion category-set="http://www.w3.org/TR/emotion-voc/xml#big6">
    <category name="anger"/>
</emotion>

次元による感情の表現

dimensionエレメントを用いて記載する。
サポートされる次元には以下が存在する。

  • Mehrabian’s PAD dimensions
  • FSRE dimensions
  • The intensity dimension

Mehrabian’s PAD dimensionsによるアノテーションの例

Mehrabian’s PAD dimensionsには以下の次元が存在する。

  • 喜び pleasure
  • 興奮 arousal
  • 優越感 dominance
<emotion dimension-set="http://www.w3.org/TR/emotion-voc/xml#pad-dimensions">
    <dimension name="pleasure" value="0.5"/>
</emotion>

評価による感情の表現

appraisalエレメントを用いて記載する。
サポートされる評価基準には以下が存在する。

  • OCC appraisals
  • Scherer’s appraisals
  • EMA appraisals

OCC appraisalsによるアノテーションの例

OCC appraisalsには以下の次元が存在する。訳すのだるかったので注釈は英語のまま。

  • desirability : relevant for event based emotions. (pleased/displeased)
  • praiseworthiness : relevant for attribution emotions. (approving/disapproving)
  • appealingness : relevant for attraction emotions. (liking/disliking)
  • desirability-for-other : related to fortunes of others. Whether the event is desirable for the other.
  • deservingness : related to fortunes of others. Whether the other “deserves” the event.
  • liking : related to fortunes of others. Whether the other is liked or not. These distinguish between: happy-for, pity, gloating (schadenfreude), and resentment.
  • likelihood : relevant for prospect emotions. (hope/fear)
  • effort : relevant for prospect emotions. How much effort the individual invested in the outcome.
  • realization : relevant for prospect emotions. The actual resulting outcome. These distinguish between: relief, disappointment, satisfaction, and fears-confirmed.
  • strength-of-identification : relevant for attribution emotions. The stronger one identifies with the other, that distinguishes between whether pride or admiration is felt.
  • expectation-of-deviation : relevant for attribution emotions. Distinguishes whether the other is expected to act in the manner deserving of admiration or reproach. These distinguish b between pride, shame, admiration, reproach.
  • familiarity : relevant for attraction emotions. (love/hate)
<emotion appraisal-set="http://www.w3.org/TR/emotion-voc/xml#occ-appraisals">
    <appraisal name="suddenness" value="0.5"/>
</emotion>

行動傾向による感情の表現

action-tendency>エレメントを用いて記載する。
サポートされる傾向には以下が存在する。

  • Frijda’s action tendencies

Frijda’s action tendenciesによるアノテーションの例

Frijda’s action tendenciesには以下の傾向が存在する。
訳すのだるいry

  • approach : aimed towards access and consummatory activity, related to desire
  • avoidance : aimed towards own inaccessibility and protection, related to fear
  • being-with : aimed at contact and interaction, related to enjoyment
  • attending : aimed at identification, related to interest
  • rejecting : aimed at removal of object, related to disgust
  • nonattending : aimed at selecting, related to indifference
  • agonistic : aimed at removal of obstruction and regaining control, related to anger
  • interrupting : aimed at reorientation, related to shock and surprise
  • dominating : aimed at retained control, related to arrogance
  • submitting : aimed at deflecting pressure, related to humility and resignation
<emotion action-tendency-set="http://www.w3.org/TR/emotion-voc/xml#frijda-action-tendencies">
    <action-tendency name="approach"/>
</emotion>

追加情報の記載

他にもいろいろ付加情報をつけることができる。詳細は勧告本文を参照のこと。

確証度をつけた例

<emotion dimension-set="http://www.w3.org/TR/emotion-voc/xml#pad-dimensions">
    <dimension name="arousal" value="0.8" confidence="0.9"/>
    <dimension name="pleasure" value="0.6" confidence="0.3"/>
</emotion>

時間情報を付加した例

<emotion category-set="http://www.w3.org/TR/emotion-voc/xml#big6"
         start="1268647200000" duration="130">
    <category name="surprise"/>
</emotion>
<emotion category-set="http://www.w3.org/TR/emotion-voc/xml#big6">
  <category name="fear">
    <trace freq="10Hz"
           samples="0.1 0.1 0.15 0.2 0.2 0.25 0.25 0.25 0.3 0.3 0.35 0.5 0.7 0.8 0.85 0.85"/>
  </category>
</emotion>

主体情報を付加した例

<emotion ... >
    ...
    <reference uri="http://www.example.com/data/video/v1.avi?t=2,13" role="expressedBy"/>
    <reference uri="http://www.example.com/events/e12.xml" role="triggeredBy"/>
</emotion>
<emotionml xmlns="http://www.w3.org/2009/10/emotionml"
           xmlns:meta="http://www.example.com/metadata"
    category-set="http://www.w3.org/TR/emotion-voc/xml#everyday-categories">
   <info>
      <meta:doc>Example adapted from (Zhang, Black & Sproat 2003) http://www.cs.cmu.edu/~awb/papers/eurospeech2003/esper.pdf
      </meta:doc>
   </info>
</emotionml>

テキストをマークアップした例

<emotion>
  <category name="Disgust" value="0.82"/> 
    ‘Come, there’s no use in crying like that!’
</emotion> 
  said Alice to herself rather sharply;
<emotion>
  <category name="Anger" value="0.57"/> 
   ‘I advise you to leave off this minute!’ 
</emotion>

REFERENCE

  • http://www.w3.org/TR/emotionml
  • http://www.w3.org/TR/emotion-voc

Leave a Reply

Your email address will not be published.