pub:2017.10.24/upd:

仮説検定と有意水準

仮説検定とは、帰無仮説の否定により、対立仮説(普通は論証したい仮説)の正当性を論証する手法である。

統計学的な仮説検定では確率論が基本にあり、「帰無仮説を否定する論証」が誤りである確率を有意水準として評価する。

統計的検定手法

例えばなんらかの機能の改善や劣化の効果を測定する方法として「平均の差」「分散の差」を指標とすることが考えられるが、
これらの差が生じていることを確認する検定手法がt検定、F検定として確立されている。

  • t検定: 2つの母平均の差の存在を統計的に検査する方法
  • F検定: 2つの母分散の差の存在を統計的に検査する方法

REFERENCE

Leave a Reply

Your email address will not be published.