pub:2015.7.11/upd:2016.8.7

マーケットセグメンテーションに用いる消費者の属性

自社が助けとなれる顧客はどこにいるのか?

マーケットセグメンテーションはブランディング戦略の中核をなす考え方の一つである。

マーケットセグメンテーションによってセグメントごとに需要の形態を見出し、アプローチの戦略を構築していく。

基準の分類

マーケットセグメンテーションは、デモグラフィック基準、ジオグラフィック基準、サイコグラフィック基準、行動基準を用いて行われることが多い。

デモグラフィック基準

デモグラフィック基準 (英:Demographic Variables) とは、顧客の属性による基準群である。一般に以下のような基準が用いられる。

  • 年齢
  • 学歴
  • 性別
  • 所得
  • 社会階層
  • ライフステージ
  • 職業

ジオグラフィック基準

ジオグラフィック基準 (英:Geographic Variables) とは、地理的な属性による基準群である。一般に以下のような基準が用いられる。

  • 地域
  • 気候
  • 自治体
  • 人口密度

サイコグラフィック基準

サイコグラフィック基準 (英:Psychographic Variables) とは、顧客の思想や嗜好による基準群である。一般に以下のような基準が用いられる。

  • 活動
  • 関心
  • 意見
  • 嗜好

行動基準

行動基準 (英:Behavioral Variables) とは、顧客の行動傾向による基準群である。一般に以下のような基準が用いられる。

  • ロイヤルティ

アプローチ戦略の妥当性

セグメントされた市場へのアプローチ戦略の妥当性評価には、一般に以下の基準を用いる。

  • 測定可能性
  • 利益確保性
  • 差別化可能性
  • 到達可能性
  • 実行可能性

Leave a Reply

Your email address will not be published.