pub:2015.4.18/upd:2016.1.26

コンティンジェンシープランとは?

コンティンジェンシー(英:Contingency)は不確定性の意味を持つ単語。

コンティンジェンシープランで、”不確定性への対応計画”という意味となり顕在化するかが、不確実な(わからない)リスクへの対応計画の意味になる。予防よりもリスクが顕在化した際の事後対応に焦点が当てられた使われ方をすることが多い。

不確実なリスクの顕在化に対する対応策

“不確実なリスクの顕在化”とは、より具体的には非常事態の発生のことである。コンティンジェンシープランには、必ず対となる想定リスクが存在する。

身近な例に当てはめた例をあげれば、以下のようになる。

  • 想定リスク = 大地震の発生
  • コンテンジェンシープラン = 非常用持ち出し袋の準備や避難経路の確認

とくにビジネスの場面では、プランの策定に先立って想定リスクの洗い出しを行う。
その後、各リスクについて以下のような数値を見積もって評価し手順設計や優先順位づけを行う。

  • リスクが顕在化する確率
  • リスクが発生した際の損害額
  • プランの実施に必要なコスト

Leave a Reply

Your email address will not be published.