pub:2016.10.15/upd:2016.10.19

「感情->行動」パターンの分類と行動予測

感情を分類して行動を予測する

Nico H. Frijda先生の分類。論の要点は以下の通り。

  • 感情が行動をもたらす
  • 感情は12種に大別できる
  • 各感情は特定の行動傾向をもたらす

先生は感情の発生は極めて単純なシステムに基づくとも述べている。
このシステムについての熟知は、感情を通じて人の行動を予測・操作できる可能性をもたらす。

感情の分類

日本語はw256による注記。

感情名 引き起こす行動傾向
怒り – anger 攻撃 – agonistic
優越感 – arrogance 支配 – dominating
欲しい – desire 接近 – approach
あきれる – disgust 拒否 – rejecting
楽しい – enjoyment 継続 – being-with
恐れ – fear 回避 – avoidance
恐縮 – humility submitting
割り切り感 – resignation 承認 – submitting
無関心 – indifference 離脱 – nonattending
好奇心をそそる – interest 参加 – attending
驚き – shock 中断 – interrupting
信じがたい – surprise 中断 – interrupting

傾向行動の分類

日本語はw256による注記。

行動傾向名 行動傾向の目的
攻撃 – agonistic 排除と支配 – removal of obstruction and regaining control
支配 – dominating 支配の継続 – retained control
接近 – approach 接触と消費 – access and consummatory activity
拒否 – rejecting 排除 – removal of object
継続 – being-with 接触と干渉 – contact and interaction
回避 – avoidance 保身 – own inaccessibility and protection
承認 – submitting 同調 – deflecting pressure
離脱 – nonattending 選択肢化 – selecting
参加 – attending 自己意識との同化 – identification
中断 – interrupting 再適応 – reorientation

REFERENCE

  • W3C Vocabularies for EmotionML
  • The Laws of Emotion – Nico H. Frijda. University of Amsterdam

Leave a Reply

Your email address will not be published.