最新の心理学・統計学に基づく性格診断 4選

メンタルヘルス

最新の心理学や統計学に基づいて作られた性格診断を4つ選んでみました。選出の基準は以下のとおりです。

− 精度に定評があり、教育・ビジネスの場面でも活用された実績を有する

− 心理学的な知見や統計的な調査に基づいた診断であり、アカデミックも出典が確か

あなたの強みはなんですか?

自分を知る。

自己紹介

仕事を探す

就職活動・

本当の自分をわかってもらうというよりも、社会関係を築いていく上で自分に向いたポジションを取る

ストレングスファインダー2.0

ビジネスシーンでの利用を想定。34の才能の中から5つの強味と5つの弱味を診断する。

w256の診断結果

  1. 着想 物事を深く捉え、抽象化してつながりを見つける
  2. 戦略 乱雑に散らばったものを整理し、解を導く特殊能力
  3. 個別化 個性を大事にする
  4. 未来志向 未来のビジョンを描く力
  5. 親密性 1対1のリスクをとった人間関係

魅力アドバンテージ診断テスト

「他人にどう見られているか?」にフォーカスして診断。パーソナルブランディングや組織論の領域で使われる。

個人の性格を第1のアドバンテージ、第2のアドバンテージ、休止アドバンテージの3つを組み合わせて、49のアーキタイプに分類する。

w256の診断結果

  • アーキタイプ: サトルタッチ (優れた分析力と深い理解力)
  • 第1のアドバンテージ: 神秘性 (控えめ、論理的、観察が鋭い)
  • 第2のアドバンテージ: 情熱 (感情表現豊か、直感的、愛嬌がある)
  • 休止アドバンテージ: 信頼 (安定感がある、頼れる、馴染み深い)

VIA-IS

セリグマンのポジティブ心理学に基づいて、美徳に基づく徳性(強み)を診断する。
自らに備わった徳性を実生活で活用していくことで、美徳を高めていける設計。

w256の診断結果

強み上位5要素

  1. 創造性 新しいやり方を試す、考える
  2. 柔軟性 高い判断力。批判的思考
  3. 向学心 新しいことを学ぶこと。吸収力
  4. 希望 意志の力。未来志向
  5. 好奇心 探求と発見の力

ま、そうかなー(・∀・)

弱み上位5要素

  1. 慎み深さ・謙虚さ : 他人に敬意を払うこと。大切にすること
  2. 感謝 : 良い出来事に気がつく能力。思いやり
  3. 愛情 : 親密さや共感を大事にする力
  4. 忍耐力 : 物事を完遂する力
  5. チームワーク : グループ全体で力を発揮できるように貢献する力

クズ人間感すごい(笑)

Realize2

ポジティブ心理学に基づく分析。有料だが強味と弱味を広く深く分析可能。

w256の診断結果

未受診

REFERENCE